エディ・レッドメイン出演のおすすめ映画5選まとめ。まさにカメレオン俳優!

イギリス出身の俳優エディ・レッドメイン。そばかすとクシャっとしたチャーミングな笑顔が特徴です。エディ・レッドメインは演技力を高く評価されており、2015年にはオスカー賞を受賞しています。

今回はそんなエディ・レッドメインの演技が光るおすすめ映画を紹介していこうと思います。

 

エディ・レッドメイン出演おすすめ映画『博士と彼女のセオリー』 – アカデミー賞受賞作

via imdb

via imdb

via imdb

監督 -ジェームズ・マーシュ
スティーヴン・ホーキング -エディ・レッドメイン
ジェーン・ワイルド・ホーキング -フェシリティ・ジョーンズ
エレイン・マッソン -マキシーン・ピーク
ジョナサン・ジョーンズ -チャーリー・コックス

「時間」の残酷さと尊さ。若き日のホーキング博士を描いた伝記映画

あらすじ:

ケンブリッジ大学で物理を学んでいた天才スティーヴン・ホーキングは文学部のジェーン・ワイルドと恋に落ちる。だがそんな矢先にスティーヴンはALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し「2年」の余命宣告を受ける。
次第に動かなくなる体と突然の余命宣告に絶望し、スティーヴンは自宅に引きこもり「迷惑をかけてしまう」とジェーンにも別れを告げる。だがジェーンはそれでもスティーヴンのそばにいることを決意するのだった…

おすすめポイント:

エディ・レッドメインの演技力の高さを世間に知らしめた作品です。この作品で第87回アカデミー主演男優賞を受賞しました。

彼の演じたホーキング博士は当時まだ存命だった博士本人に「まるで自分自身を見ているようだ」と言わしめたほどでした。

ホーキング博士の病状が進行するにつれて変化する夫婦の愛の形に切なくなります。美しい映像と音楽で描かれる「時間」の移ろいに感涙間違いなしです。解説レビュー記事はこちら

≫ 『博士と彼女のセオリー』をAmazonプライムビデオ(199円)で見る。

エディ・レッドメイン出演おすすめ映画『レ・ミゼラブル』

via imdb

via imdb

via imdb

監督 -トム・フーパー
ジャン・バルジャン -ヒュー・ジャックマン
ジャベール -ラッセル・クロウ
ファンティーヌ -アン・ハサウェイ
コゼット -アマンダ・サイフリッド
マリウス・ポンメルシー -エディ・レッドメイン
エポニーヌ -サマンサ・バークス

激動のフランス動乱期が舞台のミュージカル映画

あらすじ:

パンを盗んだ罪で投獄されていたジャン・バルジャンは仮出獄中に逃亡犯となる。やがて時は流れ、改心したジャン・バルジャンはとある町の市長になっていた。
しかしある日、囚人時代の因縁の相手ジャベール警部がやってくる。自分を怪しむジャベール警部に警戒する中、「ジャン・バルジャンが逮捕された」というニュースが飛び込んでくる。
自分と間違われて逮捕される男のことを知ったジャン・バルジャンは、悩んだ末に自ら正体を明かすことを決意する。しかし様々な偶然が重なり、再びジャン・バルジャンの長い逃亡劇が幕を上げるのだった…

おすすめポイント:

原作はヴィクトル・ユゴーの同名小説で、ミュージカル化されたものをさらに映像化したのがこの映画です。元がミュージカル映画ということもあり、ほとんどのセリフが歌になっています。

壮大な音楽で表現される動乱時代のフランスは迫力満点。もちろんエディ・レッドメインも劇中で歌を披露しており、その美声をたっぷり堪能できます。

≫ 『レ・ミゼラブル』をAmazonプライムビデオ(199円)で見る。

エディ・レッドメイン出演おすすめ映画『リリーのすべて』

via imdb

via imdb

監督 -トム・フーパー
アイナー・ヴェイナー(リリー・エルベ) -エディ・レッドメイン
ゲルダ・ヴェイナー -アリシア・ヴィキャンデル
ハンス・アクスギル -マティアス・スーナールツ
ヘンリク・サンダール -ベン・ウィショー

世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベと支え続けた妻の物語

あらすじ:

1962年コペンハーゲン。肖像画家のゲルダ・ウェイナーは風景画家の夫アイナーと暮らしていた。穏やかに暮らしていた2人だったがある日些細なきっかけでアイナーを女装させたことにより2人の運命は大きく変わっていく。
「女」になりたいアイナーと「男」のアイナーを愛しているゲルダ。互いを大切に思いながらもすれ違う2人が下した決断とは…

おすすめポイント:

一番の見どころはエディ・レッドメインの女装です。可憐で色っぽい女装姿が高く評価されており、妻役のアリシア・ヴィキャンデルからは「思わず抱きしめたくなった」と大絶賛を贈られたそうです。

ちなみにエディ・レッドメイン本人曰く女装姿は「自分の母に似ている」とのこと。

淡々とした映像でありながら、劇的に変化してくストーリーに引き込まれます。余韻のある美しいラストシーンが芸術的です。(解説レビュー記事はこちら

≫ 『リリーのすべて』をAmazonプライムビデオ(199円)で見る。

エディ・レッドメイン出演おすすめ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

via imdb

via imdb

via imdb

監督 -デヴィッド・イェーツ
ニュート・スキャマンダー -エディ・レッドメイン
ポーペンティナ・ゴールドスタイン -キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー -ダン・フォグラー
クイニー・ゴールドスタイン -アリソン・スドル
クリーデンス・ベアボーン -エズラ・ミラー
ゲラート・グリンデルバルト -ジョニー・デップ

ハリポタの続編!おっちょこちょいな魔法生物学者の冒険

あらすじ:

物語の始まりは1926年。優秀だけどおっちょこちょいな魔法生物学者ニュート・スキャマンダーはとある用事でニューヨークを訪れた。
ところがそのおっちょこちょいさが災いし、魔法のトランク内の動物を脱走させてしまう。
そこでマグルのジェイコブと共に魔法生物を捕まえることなるが、その時2人の知らないところではニューヨークの街を謎の破壊行動が襲っていて…

おすすめポイント:

舞台は映画ハリーポッターから70年前のニューヨーク。魔法生物と個性的なキャラクターが繰り広げるドタバタ劇に終始ハラハラドキドキです。

ファンタスティック・ビーストシリーズは全5部作を予定していて、2019年現在第2部まで公開されています。第1部と打って変わり、第2部「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」はダークでシリアスな雰囲気。今後も気になる続編に期待です。

≫ 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をU-NEXT(31日間無料)で見る。

エディ・レッドメイン出演おすすめ映画『ブラック・レコード〜禁じられた記録〜/ヒトラーコード39』

via imdb

via imdb

監督 -スティーヴン・ポリアコフ
アン・キース -ロモーラ・ガライ
アレクサンダー卿 -ビル・ナイ
エリザベス -ジュリー・クリスティ
ラルフ -エディ・レッドメイン
セリア -ジュノー・テンプル
ローレンス -チャーリー・コックス
ギルバート -ヒュー・ボネヴィル

ナチスとイギリス秘密結社を巡る陰謀がテーマ。恐怖の家族サスペンス

あらすじ:

イギリスの名門キース家。長女のアンは養女だったが、家族を愛し穏やかに暮らしていた。そんなある日物置でアンは一枚のレコード見つける。しかし家族達は「ただの会議録だ」と笑い何事も無かったかのように思えた。
だがそのレコードに関わった人物が次々と不審な死を遂げ始めるのだった。
恐怖に怯えるアンは不審な死を遂げたギルバートからのメッセージに気づく。そこでもう一度レコードを聞いてみるとそこにはなんと弟ラルフの声が入っていたのだった…

おすすめポイント:

戦争がテーマですが、ストーリーのメインは「家族」です。平和な生活にジワリと迫る不穏な気配に息が苦しくなります。後半徐々に明らかになる真実は救いようが無く、その残酷さに鳥肌が立ちます。

エディ・レッドメインが演じたのはアンの弟のラルフ。いい人の役の多いエディ・レッドメインですが、この映画では悪役を演じています。穏やかな性格からの豹変ぶりにいい意味でゾッとしました。

≫ 『ブラック・レコード〜禁じられた記録〜/ヒトラーコード39』をAmazonプライムビデオ(300円)で見る。

おわりに

エディ・レッドメイン出演のおすすめ映画5選でした。どの作品も全く違った役柄を演じていて、まさにカメレオン俳優といった感じです。

またエディ・レッドメインは子供時代合唱団に入っていたこともあり、歌唱力が高いことで知られています。「レ・ミゼラブル」と「ヒトラーコード39」では歌を披露しているので、エディ・レッドメインの歌を聴いてみたい人はぜひこの作品を観てみて下さい。

エディ・レッドメイン出演映画レビュー記事はこちら

The following two tabs change content below.
松田さとし

松田さとし

都内在住兼業ライター。好きなものは映画と本と漫画とビール。行ってみたい場所はウユニ塩湖とイギリス。いつか誰かの心に残るような文章を書くことを目標に日々勉強中。