『あなた、その川を渡らないで』感想。ハラボジとハルモニの愛の物語(ドキュメンタリー映画)

2016年12月放送の「たまむすび」で町山さんが紹介されていた素敵なドキュメンタリー映画『あなた、その川を渡らないで』をレビューしたいと思います。

韓国語でおじいさんを「ハラボジ」、おばあさんを「ハルモニ」と言うんだそうですが、まるで昔話に出てくるような、「ハラボジとハルモニ」の小さな小さな愛の物語でした。

町山さん曰く「一人でいるのが嫌になるくらい、究極の愛」とのこと。では詳しく紹介させていただきます。

 

『あなた、その川を渡らないで』あらすじ・出演者

あらすじ

韓国の小さな田舎の村。そこでは、結婚76年目のおじいさんとおばあさんがひっそりと、仲良く暮らしています。いつもおそろいの韓服で、手をつないでゆっくり歩く二人。

穏やかで、愛に溢れた日々のなか、雨がしとしとと降るある日、おじいさんが咳をし始めます。

おばあさんは、段々弱っていくおじいさんを見守りながら、少しずつ、「天国でも着られるように」と、おじいさんの洋服を焚火にくべるのでした。

出演者情報

カン・ゲヨル
チョ・ビョンマン

韓国語の原題は「님아, 그 강을 건너지마오」で日本語に訳すと、「愛しい人、その川を渡らないで」のような意味合いのようです。
英語のタイトルは「My Love, Don’t Cross That River」で、各国ともほとんど原題の通りのようですね。

無料で『あなた、その川を渡らないで』を視聴できる動画配信オンデマンドサービス

無料で『あなた、その川を渡らないで』を視聴できる動画配信(ビデオオンデマンド)サービスのリストです。各オンデマンドサービスにより、2週間~31日間の無料配信期間があります。解約後に無料期間が復活するオンデマンドサービスもありますので、ぜひお試しください。

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu
U-NEXT 〇(視聴する⇒)
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

『あなた、その川を渡らないで』町山さん解説。どんな映画よりもクリスマスにふさわしい映画です。

『あなた、その川を渡らないで』の解説を町山さんがされたのはクリスマスも間近の12月20日。

町山さんがレンタルビデオ屋に入ると、受付のお姉さんが号泣していたのだそうです。

このお店は、ちょっとマニアックなものをおいているそうで、お姉さんも鼻にピアスなどしているような感じのアンダーグラウンドな雰囲気。

そのお姉さんが泣きながら観ていたのが、この「あなた、その川を渡らないで」と言う映画でした。

監督が泊まり込みで撮影したドキュメンタリー映画

これは韓国の古時里(こしり)と言う、里山に暮らす老夫婦の1年を追ったドキュメンタリーです。

夫98歳、妻89歳。

この夫婦は、いつもお揃いの韓服を着て、手をつないで市場に来るのが話題になり、ドキュメンタリーを撮ったチン・モヨンと言う監督が、カメラ一台持って、泊まり込みで彼らを撮りました。

自然の多い過疎の村で暮らすハラボジとハルモニ

古時里は過疎の村で、だからこその自然が残っていますが、そこで二人がひっそりと、でも、楽しく暮らしているのをみていると、なんだか森の妖精の家を観ているようです。

二人で枯れ草を掃除していると、いたずらっ子のように、枯葉をおばあさん(ハルモニ)にかけたり。

怒ったおばあさんのご機嫌を取るように、おじいさん(ハラボジ)がヒナギクをおばあさんの髪に飾ると、おばあさんも、おじいさんにヒナギクを飾ってあげたり。

夜中に、外のトイレを怖がるおばあさんに、ちゃんとおじいさんがついていってあげて、歌を歌って待ってる。

寒いでしょうとおばあさんが労わると、

「君のために待ってると暖かいよ」

冬は雪合戦をして、お腹が空いたら、おばあさんが温かいご飯を作って、二人で膳を囲みます。

「ご飯を作るとありがとうと言ってくれた」

韓国は男尊女卑の国で、結婚しても日本のように女性が苗字を変えないのは、家系図に妻は名前が入らないからだそうです。なのに、二人はラブストーリーに出てくるような、素敵なセリフで、自然に会話しています。

おじいさんは歌が好きで、いつも踊ってるんですが、そのことに町山さんも触れながら、

「自然に”ありがとう”と言えるとか、いつまでも楽しくしているのがすごく良い。クリスマスにぴったりの映画」

と大絶賛でした。

『あなた、その川を渡らないで』おばあさんの「慟哭」する姿。物語ははじまったばかりなのに。

この映画の冒頭、古時里の綺麗な雪景色が移されます。

音もなくシンシンと雪が降る中、ふと、聴こえてくる声。雪に遮られて、良くわからなかった姿が、その声に焦点を合わせた時に観えてきます。

それはおばあさんがうずくまって、土を両手で叩きながら、激しく泣いている姿。

いえ、”激しく泣いている”では足りないほど。「慟哭」という言葉を思いました。

理由が分かったとき、胸がぎゅっと掴まれたような、なんとも言えない悲しみに、思わず目をそらしたくなりました。

物語は始まったばかりなのに!

観終わった後、その姿が何を意味していたのか、もちろんわかりますが、その声だけで理解できてしまう。

ドキュメンタリーの凄さ。そして、これが現実であるという凄さ。

綺麗な綺麗な雪の中に、同じくらい真っ白な喪服を着て、ただただ泣き崩れている老婆姿が、悲しくて、美しくて、まるで一枚の水墨画のように、目に焼き付いています。

真実の姿は何にも叶わないと思いました。

『あなた、その川を渡らないで』着物が語る家族の歴史。お揃いの韓服が愛おしい!

おじいさんとおばあさんは、いつもお揃いの韓服を着ています。

その姿が、本当に微笑ましく愛らしい。韓服自体、絹の光沢とはっきりした色合いで凄く鮮やかですから、おとぎ話の主人公みたいに観えます。

韓国では、あの世でも良い服が着れるようにと、亡くなった方の衣服を燃やす習慣があるのだそうです。

この夫婦には、12人の子供ができたのですが、その内6人は亡くなってしまいました。

ある日、夫婦は6枚の寝間着を買ってきて、あの世の子供たちに送るために燃やします。

二人で焚火をくべ、そこに一枚一枚、寝間着を投げ入れてあの世の子供たちに送っていました。

そして、1年が過ぎようとしていたある日、おじいさんの着物をおばあさんが一人で燃やす時が来るのです。

この時のおばあさんの表情が、淡々としていて、心が痛みました。

でも、同時に、予期していた時が来た、と言う覚悟も見えました。

歴史ってそういうことかもしれません。止まらない時はない。そう自分に言い聞かせているような、強いハルモニの顔があったと思います。

『あなた、その川を渡らないで』は”一人でもいいや”と思っている人にこそ見てほしい。

二人が結婚した時、おじいさんは19歳で、おばあさんは14歳でした。身寄りがなく、婿養子に入ったおじいさんを、おばあさんは、結婚する時に、初めて顔を観たそうです。

そのおばあさんが大人になるまで、おじいさんは何もせずに、手をつないで一緒に寝てくれたそう。「17歳になった時、自分からおじいさんに抱きついたんだ」って、おばあさんが幸せそうに話していました。

この夫婦の人生が全てではありません。でも、もし、「一人でもいいや」って、どこかで人との関りに怖がっている人がいたら、是非観てほしいです。ドキュメンタリー映画だからこそ、その「真実」は、何にも勝る告白だと思うからです。

町山さんの名キャッチコピー?「一人でいるのが嫌になるくらい、究極の愛」を是非、堪能してください!

『あなた、その川を渡らないで』の無料動画配信リスト

無料で『あなた、その川を渡らないで』を視聴できる動画配信(ビデオオンデマンド)サービスのリストです。各オンデマンドサービスにより、2週間~31日間の無料配信期間があります。解約後に無料期間が復活するオンデマンドサービスもありますので、ぜひお試しください。

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu
U-NEXT 〇(視聴する⇒)
TSUTAYA TV
Netflix
The following two tabs change content below.