『ゲームオブスローンズ』くせもの俳優情報まとめ。ティリオン、ハウンド、ヴァリス、ブロン、ベイリッシュ。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」は、架空の世界のフィクションであり、現代のような通信機器や戦闘機器もありません。だからこそ、ある意味中世のような雰囲気が漂う政治状況や社会情勢が描かれています。

その中で生き残るためには、自分の能力を生かして権力にしがみつき、やがては権力の上に立つための才や力が非常に重要です。

今回ご紹介するキャラクターたちは、その才能や貪欲さゆえに、自分の人生を一転させてしまう「くせ者」揃いです!ストーリーの流れを左右する存在感を発揮している彼らが、プライベートではどのような表情を見せているのか、注目していきましょう。

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
 

ティリオン、姉のサーセイとは仲良しだった!?

View this post on Instagram

Squad Goals 🔥🦁

A post shared by Peter Dinklage (@peterdinklage) on

モモア、エミリアとのショット

View this post on Instagram

The final season. #GameofThrones

A post shared by Peter Dinklage (@peterdinklage) on

→サーセイとの仲良しショット

ティリオンはラニスター公の第三子として生まれましたが、身体的なハンディを持って生まれたことや、彼の出生時に母親が死亡したことなどから、父親と姉からは憎まれて育ちました。

しかし兄のジェイミーだけは弟を気にかけ、兄弟としての深い絆があったようです。

彼は身体は小さくて自分の身を守ることは困難ですが、政治的な頭脳に長けていたり、自分も虐げられてきた経験から、弱者には優しさを見せる性格です。

ドラマの中では様々なトラブルに見舞われながらも、最終的にはデナーリスのアドバイザーとしての地位を獲得し、自ら道を切り開いてきた勇気ある人物です。

俳優ピーター・ディンクレイジ

View this post on Instagram

EC & PD 🔥🦁

A post shared by Peter Dinklage (@peterdinklage) on

そんなティリオンですが、俳優のピーター・ディンクレイジが演じています。

彼は軟骨発育不全の小人症で、身長は132㎝です。体格に負けることなく、むしろそれを長所にして多くの大作に出演しています。

映画『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』やドラマ『NIP/TUCK マイアミ整形外科』にて名脇役を熱演し、個性的な存在感のある俳優として知られています。その他、映画『XーMEN:フューチャー&パスト』や、映画『アクセル』、そして映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』など、人気作品に引っ張りだこです。

かつては劇団を立ち上げ、自分の中で曲げられないプライドや理想があったようですが、借金なども増え、金銭的な問題を本気で解決しようと考えたことで、道が開けてきたと、のちに本人は語っています。

奥様は舞台監督を務めたこともあるエリカ・シュミットで、2人のお子さんもいらっしゃいます。インスタグラムでは、他の共演者とのショットをたくさん見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

ドラマでは憎まれている姉のサーセイと、オフショットではにこやかに顔を寄せ合っていたりと、プライベートでの仲の良さを伺わせています。

参考URL:https://nigiwasu.com

 

ハウンドはCMでほぼ全裸?食品メーカーモデルとして有名

ハウンドこと、サンダー・クレゲインは、残酷王ジョフリーの盾として、どんな命令にも従う番犬のような存在でした。

幼い頃に兄の仕業で顔にやけどの跡が残ってしまい、無表情な人相と大きな身体も相まって非常に近寄りがたい雰囲気があります。一方で、孤独で怯えているサンサには優しくしたり、人間らしい一面もあるキャラクターです。

また、放浪中のアリアと出会い、のちに彼女にとって重要な存在となっていきます。何の後ろ盾もなくなってしまったスターク家の姉妹を支えてくれた、数少ない人物といえます。

ブライエニーといい、またブランに寄り添ったホーダーといい、なんだか体格的に立派な方に助けられる彼ら姉弟たちなのでした。誰かのために一生懸命に戦ったり、冷酷な命令も素直に聞くハウンドの姿は、恐ろしさよりも何か切なさを感じさせました。

俳優ロリー・マッキャン

俳優のロリー・マッキャンがハウンドを演じましたが、実際の彼はとても温和な表情をする人で、垂れた濃い眉なども親近感が湧きます。

ハウンドの役では、顔にやけどの跡が残っている設定ですので、私生活でも完全に髭を生やすことができず、インタビューなどでは付け髭であることを暴露しています。また、ドラマではボサボサヘアーのハウンドですが、実物の頭皮は結構心もとない感じですね。(笑)

歌やスポーツ、そしてハーモニカの演奏も得意だそうで、なんだか可愛らしいですよね。スコットランドの食品メーカーのCMに起用されたことでも有名だそうで、ほぼ全裸で登場していました。海外のCMって、短い時間によくわからない情報を盛り込みすぎていて、彼のCMもちょっと意味不明でした。(笑)

ドラマとは違い、実際はとてもユーモア溢れる方のようです。優しいという部分は、一致しているかもしれまでんね。50代ですが、独身のようです。

ティリオンのボディーガードであるブロンは、サーセイと不仲!?

→ジョラー・モーモント

ブロンは、ティリオンの決闘裁判でティリオンのために戦い、それから彼のボディガードとしての役割を果たしていきます。

しかし、彼の初登場はたまたま宿屋に居合わせるという、なんだか怪しい状況…あまりこれまでの人生が見えないのですが、不思議と多くの信頼を勝ち取っている人物です。

それは、彼が感情に左右されず、結局はお金が第一という考え方で動いている人間だからではないでしょうか。さらに腕っぷしも強いとなれば、なおさら手下として扱いやすいでしょう。

一時はティリオンとの友情を育んでいたようにも見えましたが、果たしてブロンが本当は何を大事に生きていたのか・・・。へらへらした態度で自分の内面を隠すのが上手なキャラクターでした。

俳優ジェローム・フリン

→ひげのない顔、若いとき?

髪型など、あまり私生活での見た目がブロンと変わらない俳優ジェローム・フリンですが、ややドラマの中よりも普段のほうが清閑な表情に見えますね。

また、髭のある姿で見慣れていますが、昔は髭は生やさないスタイルだったようです。

そんな彼ですが、ドラマの役柄上、ティリオンの姉サーセイと会話するシーンもありました。しかし実はこの二人、かつて現実で恋人同士だったことがあったそうなんです!

これは驚きました。

サーセイを演じているレナ・ヘディの叔母が、2人が恋愛関係だったことを認めているとか。叔母さんが語るというのもまた面白いですね。(笑)

本人たちは現場で共演する場面以外は会話もなく、気まずい雰囲気が流れていたとか…。二人ともそんな様子は微塵も見せていなかったので、やはりプロですね!当たり前か…。

それにしても、その事実を知るとキャスティングもなかなか際どいところを行くんだなあとしみじみ感じます。

生まれる恋もあれば、終わった恋がくすぶっているところもあり、本当にドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は現実でもネタに事欠かないですね!

参考URL:https://dramanavi.net

ヴァリスはドラマ『スーツ』にも出演、別の作品ではベイリッシュと兄弟に!?

→キャストたちと。普段は髪の毛あるのかな?

ヴァリスは宦官であり、かなりの策略家として、世界中に「小鳥」という名のスパイを持っていました。

また、同じく策略家のベイリッシュ公とチマチマした脅し合いをしながら対抗していました。

宦官というのは実際の歴史でも存在し、政治に関わる人間として名をはせた歴史的人物も多いことから、納得のいく人物設定だったなと個人的には思います。

まあ、性器を切り取られていなくても優秀な人はたくさんいますが、去勢をしているという中性的な人間性が、周囲から信頼される存在になりやすいのでしょうか。

ヴァリスの穏やかに語る口調は、イラっとすることがあっても間違いを言ってはいないので、なんだか憎めません。自分の目的のために一心に動いているようで、極端に残酷な選択肢を取らないことも好印象です。

俳優コンリース・ヒル

View this post on Instagram

Varys… With hair? #ConlethHill

A post shared by Game of Thrones (@gameofthroneshbo) on

→ファンのページ、髪がフサフサ?

そんなヴァリスを演じたコンリース・ヒルですが、普段は髪の毛フッサフサですね!でも不思議と、つるつる頭皮のほうが若く見える気がします。

現在までご結婚はされていないようです。ドラマ『スーツ』にも登場していますが、「ゲーム・オブ・スローンズ」のイメージもあり、なんだか笑ってしまいます。

ちなみにドラマ『スーツ』には、キャトリン役のミシェル・フェアリーも登場し、また「ゲーム・オブ・スローンズ」に関連したネタのセリフなどもあって、ファンならまた別の楽しみ方ができるのではないでしょうか。

さらにベイリッシュ公を演じたエイダン・ギレンとも別の作品で共演しているようで、その作品では兄弟の役だそうです。

意外と、ほかの作品でも共演が多いんですね!

ゲーム・オブ・スローンズの出演者は有名な方ばかりですし、出演人数も他と比較して多いので、こうして別に共演する機会があるのは不思議ではないですね。それにファンとしては、別の作品でもキャラたちの交流を観ることができて嬉しいです。

参考URL:
https://news.nicovideo.jp
https://blog.goo.ne.jp

ベイリッシュ、有名映画でも活躍中!私生活では2人の子供のパパ

リトルフィンガーとも呼ばれるベイリッシュ公は、とにかくドラマの中で嘘に嘘を重ねていきます。

キャトリンや、その妹のライサと共に育ち、幼いころからキャトリンを慕ってきました。しかし想いは届かず、その恋心は娘のサンサへと移っていきます。ですが本当に人を愛するという感情は、彼の中には無かったような気がします。ラムジーにサンサを売ったり、何でも従うライサを自分のために利用したりと、まあ結局成り上がり続けることしか考えていない彼でしたね。突き抜けて残酷な他のキャラクターとも違い、小賢しさでなんとか危機を回避する卑しい姿に、嫌気がさしたファンも多いのではないでしょうか。

俳優エイダン・ギレン

→なんだかワイルド!ファンのインスタより

→有名作品に多数出演!こちらは,ドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』の写真

ドラマの中では七三分けのようなピタッとした髪型にちょび髭で、娼婦の交わる姿を見てニタニタするなど、なんだか気色の悪い人物でした。

役を演じたエイダン・ギレンは、ワイルドな流れるヘアスタイルで髭もなく、鋭い目力を持った俳優です。The Caretakerという舞台では、ハイ・スパロウを演じたジョナサン・プライスとの共演もあったようです。

また、映画『メイズ・ランナー』シリーズや、最近では伝説のグループであるクイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』など、大作に多数出演中です。

私生活では2001年に結婚し2人の子供を授かっていますが2014年に離婚。現在はまた別の女性とお付き合いがあるそうで、実生活でも恋愛面は山あり谷ありですね。

参考URL:
https://nigiwasu.com
http://honyarakareview.blogspot.com
https://nigiwasu.com

おわりに

今回は、ドラマの中の『くせ者』ということでまとめてみました。良くも悪くも、みんなが自分の才能をいかした場所で生きているキャラたちのような気がします。

恵まれない育ちをした彼らが、ドラマの中で人間的に成長していく姿と共に、プライベートでも活躍の幅を広げている姿には、本当に「ゲーム・オブ・スローンズ」というドラマの偉大さを感じますね。

また、様々な事情を抱えながらも俳優として懸命にこのドラマに向き合ってきたのだと思うと、緻密なキャラクター設定や、演じた俳優についても、どんどん掘り下げたくなります。ストーリーを楽しんだ後は、出演俳優たちの現実での活動もぜひチェックしてみましょう!

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
The following two tabs change content below.