『ゲームオブスローンズ』悪役の俳優情報まとめ。ジョフリー、ラムジー、メリサンドル、アリアの姉弟子ウェイフ。

ウェスタロス大陸を舞台に繰り広げられる七王国の、王座をかけた戦いを描くフィクションドラマ、「ゲーム・オブ・スローンズ」。いよいよ最終回を迎えましたが、みなさんご覧になっていますか?

海外ドラマとしては特別に長いシーズン数ではありませんでしたが、やはりファンタジーの人気は根強く、多くの魅力的なキャラクターを輩出したドラマでした。

今回は、ドラマの中で悪役というかひと際ダークな役柄を演じた5人に注目し、その役者さんのプライベートや、俳優同士の交流を探ってみました!

まず最初はやはり彼から!

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
 

ジョフリー、慈善活動!?演技やーめた。ストーリー展開にも影響していました!!

ジョフリーは、表向きはロバート王の長男として育てられ、いずれは後継者となる立場として、かなり甘やかされて育ちました。実際はジェイミーとサーセイの、近親相姦によって生まれたという生い立ちを持っており、まあまあこの子が母親のサーセイにそっくりな冷酷さで人々を痛めつけていきます。

シーズン1の始めの登場では、意地悪さはあれど残虐さは見えず、実は気の弱いお坊ちゃんという印象だったのですが・・・。血は争えないということですね。

俳優ジャック・グリーソン、子役から活躍し、学業専念、劇団立ち上げ

さて、そんな彼を演じた俳優のジャック・グリーソンは、私生活ではとても紳士的な俳優さんです。アイルランド出身で、子役時代から活躍し、「ゲーム・オブ・スローンズ」への出演により一躍有名になりました。

しかし、ドラマ出演中に学業に専念することになり、ドラマの中でもフェードアウトしてしまうストーリーに。原作とはやや異なる流れになったそうです。ジャックはインタビューの中で、「俳優や芸能界に興味がなく、試しに演技をやってみただけ」と答えたようで、もったいないですよね…素晴らしい才能の持ち主なのに。

演技はやめた…と思いきや、どうやら自分で劇団を立ち上げて、人形劇で各地を回っているそうです。子供の時からわけもわからず続けてきたことが、本人も気づかないうちに大事な人生の軸になっていたのかもしれませんね。

彼の演技をスクリーンやテレビで観ることは今後難しいかもしれませんが、Twitterはアカウントがあり、たまに更新している様です。ある時期の写真では、ホームレス問題の解決に向けての活動に、参加していた様子が載っていました。俳優という枠にとらわれることなく、今後も活動の幅を広げていってほしですね。

情報参考:ジャックグリーソン:ゲームオブスローンズ引退後の今現在は何してる?

サディストを極めたラムジー・ボルトン、ドラマ出演で活躍中!幸せいっぱいの私生活!

ラムジー・ボルトンという名前を聞くだけで、トラウマになってしまっているファンの方も多いのではないでしょうか。

彼の残虐な行動の数々と言ったら…多くのサイコパスキャラが登場しているドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ですが、ラムジーは堂々の1位に君臨するキャラクターです。

愛人や継母を、飼っている猟犬に食べさせたり、殺し方もひたすら精神と肉体を追い詰める手法です。

そんな彼ですが、物語の中では生粋の悪役として存在してくれているおかげで、正義をかかげる者の活躍も映えています。ある意味ドラマの立役者でしたね。

俳優イワン・リオンは売れっ子に!?インヒューマンズ、ザ・ダート: モトリー・クルー自伝出演

そんな彼の役どころですから、私生活でも俳優として嫌われてしまう…なんていうのは、悪役を演じた者の定めでしょうか。

しかし、ラムジーを演じた俳優のイワン・リオンは、インスタグラムのフォロワー数も100万人と、かなり人気の様子。マーベルシリーズのドラマ『インヒューマンズ』では、残虐さでは劣るものの、ラムジーをやや彷彿とさせる役どころを演じています。

インヒューマンズ

created by Rinker

また、NETFLIXオリジナルの『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』にも出演と売れっ子ですね。

イワンのインスタ投稿を見ると音楽活動もされているようで、『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』はそんな経緯での抜擢だったかもしれません。

私生活では女優さんと結婚しているようで、幸せいっぱいです。私生活ではかなり表情が柔らかい俳優さんですので、ひとたび演技のスイッチが入ると別人になるのかもしれませんね。あのシオンも登場していますのでぜひチェックしてみてください。

≫ 『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』をNETFLIXで見る

恐怖の出産シーンが話題だったメリサンドル!現実では可愛い男の子のママ

→ブライエニーと顔交換

メリサンドルの役どころは非常に表現しづらいですよね。具体的に誰かに直接手を下したり、貶めたり、といったことではなく、まさに魔力で権力に寄り添っている印象です。

ところどころ胡散臭さも感じるのですが、あの恐怖の出産シーンなどは、さすがに何らかの力があると認めざるを得ませんね。光の王に仕える祭司として、また『紅の女』という異名のとおり、ドラマに不気味な赤色を添える存在です。

女優カリス・ファン・ハウテン、ガイ・ピアースとの子を出産。音楽活動も。

View this post on Instagram

Ok. I’m gonna do it. I’m going out. 🌾#hayfever

A post shared by Carice van Houten (@leavecaricealone) on

View this post on Instagram

❤️

A post shared by Carice van Houten (@leavecaricealone) on

→お子さんとの影写真

そんな役を演じているのは女優のカリス・ファン・ハウテンさん。ドラマでは赤色の洋服や赤髪で固い表情の多い彼女ですが、インスタグラムを覗いてみると、ブライエニーと顔交換アプリを使用して楽しんでいる様子や、また実子と思われる子供との影写真を載せています。

カリスは、恋人の俳優ガイ・ピアースとの間に出来た子を2016年に出産していますが、妊娠を発表したとき、ドラマではすでにメリサンドルのおぞましい出産シーンが終了していましたので、カリスは「その事と自分の出産が重ねて想像されることを覚悟している」とツイートしたそうです。さすがにあの出産シーンはファンもフィクションとして捉えていますけどね…(笑)

そんな女優カリスは、歌手としても活躍しているようで、2012年にはアルバムを出していて、歌手の役で映画にも出演したことがあるそうです。多彩な方ですね!

参考URL:テレビ史に残るグロい出産シーンを経験した女優&ガイ・ピアースに第1子誕生

宗教の力で勢力を成したハイ・スパロウ、パイレーツオブカリビアンなどに出演している、大物わき役俳優でした

始めは謙虚な姿勢で、真面目な宗教家という雰囲気を漂わせていたハイ・スパロウですが、徐々に頭角を現すようになります。

ラニスターにひるむことなく、民衆の王家に対する不平不満を盾に、サーセイを辱めたりマージェリーを拘束して信者へと引きずり込んだり(実際はマージェリーは宗教に傾倒しているように振舞っていただけですが)、やりたい放題の爺さんでした。

虎視眈々と機会をうかがい、自分達が一番の正義であるかのような言葉や行動で着実に勢力を広げていく姿に、筋が通っているようで通っていない納得のいかなさを感じたファンは多いはず。直接誰かを傷つけたりすることはありませんでしたが、自分が上に立つためには手段を選ばないキャラクターでしたね。

俳優ジョナサン・プライス、大物でした。『天才家の妻ー40年目の真実』にも!

そんなハイ・スパロウを演じたのは、俳優のジョナサン・プライス。ロンドンの王立演劇アカデミーで演技を学び、トニー賞をはじめ数々の受賞歴がある大物俳優です。

最近では、映画『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』などでも悪役を演じ、濃いキャラクターを演じる実力で存在感を示しています。他にも、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』や日本では2019年1月から公開された映画『天才家の妻ー40年目の真実』に出演されています。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演中の俳優の中ではかなり重鎮ですが、今後も様々なジャンルの作品でお目にかかりたいですね。

アリアの姉弟子ウェイフは、ファンキーなお姉さん!!

ドラマの中ではアリアと激しく争っていたウェイフですが、その存在に対しては多くの謎が残っています。ジャクエンの弟子としてやってきたアリアと、もともと弟子として存在していたウェイフは初めから仲が悪く、特にウェイフのほうがアリアを特別目の敵にしているようでした。

しかし同時にアリアにとっては試練の存在でもあり、彼女の存在があったからこそ、アリアは努力し続けることができたのかもしれません。邪悪な表情が多かったウェイフですが、別の場所でアリアと出会っていたら、また違った関係もあったのかもしれませんね。そもそもウェイフという人物が実在したと考えてもいいのかどうか疑問は残りますが…。

女優フェイ・マーセイ、おしゃれなインスタ写真。ドラマ、舞台で活躍中。

View this post on Instagram

🌞👍

A post shared by Faye Marsay (@fayemarsay86) on

→ファンキーすぎて誰だかわかりません

女優のフェイ・マーセイがウェイフを演じていましたが、現実でのフェイの顔は、とてもウェイフと繋げて考えることができないほどに別人でした。Wikipediaによるとドラマ・舞台で活躍されているようです。

お化粧や髪型、カラーコンタクトなどによって、インスタグラムではいつも違う表情の彼女を見ることができます。普段はどのような活動をされているのかがほとんど日本のネットでは取り上げられていませんが、ファンキーなお化粧や髪色が多いようですね。

あまりにもウェイフの見た目から離れすぎていて、ウェイフの私生活をのぞいている気持ちには少しなりづらいですが、インスタグラムでは他にもプライベートショットが数多く確認できますので、ぜひご覧になってください。

おわりに

いずれもドラマのなかでは極悪人でしたが、ハッピーエンドや王座の争いには、こうした刺激の強い悪役が必要ですよね。ほかのドラマに比べて過激すぎる彼らですが…。(笑)
今後も、悪役や正反対の役、そして演技活動を超えて、活躍の幅を広げていってほしいですね。また、ゲーム・オブ・スローンズで活躍した多くの素晴らしい役者さんたちとの交流をSNSなどで拝見できたら、ファンはとてもうれしいですよね。私生活での彼らの再会を期待しましょう!

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
The following two tabs change content below.