ネタバレなし。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想。ジョジョ好きは必見!杜王町があった!

今回は、「アメリカ流れ者」で町山智浩さんが2017年11月に紹介された映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想です。

いじめられっこグループが活躍する。80年代のなつかしさがたまらない!

by imdb

原作は数々の作品が映画化されてるスティーブンキング。『グリーンマイル』にはトラウマになりましたよ・・・。

この『it』ざっくりとあらすじを言うと、

小学生の兄弟。雨の日に弟が兄の作った船を水路に流して遊んでいる。兄はそれを家の2階から見ている。弟が水路の溜まりに落ちた船を取ろうと覗くと、そこにはピエロの姿が・・・。そして弟は失踪してしまう。

この街では、何十年か前にも子供が失踪する事件が起きた。この原因を突き止めるために、いじめられっこグループが立ち上がる。そこには、27年周期であらわれるペニーワイズというピエロの存在があった。

by imdb

これ、ほんと空気感がたまらなく懐かしかったです!

私は30代後半で、80年代に小学生だったのですが、そのころって、この手の、「おちこぼれの少年少女が活躍する」みたいな物語が多かったような気がするんですよね。アニメで言えば、今でも大人気のドラえもんがありますが。映画だと『グーニーズ』、『スタンドバイミー』、『ネバーエンディングストーリー』、『ET』、『バックトゥザフューチャー』なんかもその部類に入るかな?

アメリカのいじめられっこのやられ方って、徹底的すぎなんですけどね・・・。これが。邦画ではもうここまではやりにくいかも・・・。ただ、その分、逆転したときのカタルシスも大きいです。

なんというか、この時代の映画のもっていたものを、再現することに成功してるんですよね。だから、ストーリーうんぬん抜きにしても、浸りたくなる世界があります。

 

ジョジョファンは必見映画!!!杜王町がそこにあった!!

by imdb

上の空気感のつづきでもあるんですが、この、大人には見えない街の奇妙さは、まさにジョジョの奇妙な冒険・第四部の杜王町そのものなんですよね・・・。

ジョジョファンとしては、その直前に、三池崇史監督・山崎賢人主演『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』という、悲しくなる実写映画化があっただけに、この『it』で救われたような気持になりました・・・(CGはがんばってたけどね、そういうことじゃないんです泣)。

そして、ヒロインとなる女の子がいるんですが、これもジョジョチックなんです!ツイッターに公開当時ひかく画像出てたんですが、今は探せませんでした・・・。

とにかく、ジョジョの特に第四部が好きで、三池崇史監督・山崎賢人主演の実写版ジョジョにがっかりした人は、この『it』はおすすめどころか、必見です!!!

町山さんは「浦沢直樹著『20世紀少年』の元ネタ」という言うけど・・・

一方で、町山さんとしては、「これ、20世紀少年の元ネタですよ!」って言われたましたが、私は浦沢直樹先生のファンでもあるので、この意見にはうーん・・・^^;
ITの続編で、大人になって、また対決するというので、その構図で言えばはたしかに同じですね。

ただ、世界観でいえば、完全にジョジョなんですよね・・・。荒木飛呂彦先生もスティーブンキングからの影響は語られていますし。町山さん、映画はたくさん見てるけど、ジョジョは読んでなかったかな・・・。

 

映画館でこそ見る映画だった!!!ホラー苦手でも大丈夫?

これは公開して2週間後くらいに映画館で見たんですが、面白かったのが客層!!

男子高校生が4,5人のグループでやってきたと思ったら、今度は女子高生が4,5人でやってくるみたいな感じ。ホラー映画って、友達と見てこそ楽しかったりしますもんね!!

もしも今学生の人は、何人か集まって見たら最高に楽しいと思いますよ!世界観に浸れる完成度なので、ひとりで見るのもありですが、まあ、怖いですし笑

ホラーなんですが、なんというか、友情ものであり、意外にも論理が立ってるので、最後まで見ればそこまで怖さはなくなると思いますよ。途中でやめる方が多分怖いです笑

今子供の人も、昔子供だった人も、全員必見映画です!

という、続編が楽しみな映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想でした。