『ゲームオブスローンズ』脇を飾る美人女優情報まとめ。ジリ、ミランダ、シェイ、タイエニー、ミアセラ。

ゲームオブスローンズといえば、もう主役から脇役までみんな美女!

中世を模したドレスやティアラなどがとても似合っている彼女たちです。時に権力に翻弄されながらも、自分たちの運命に抗い懸命に生きていく姿は、時に男性陣よりも強かに映ります。

彼女たちのドラマの中での運命や、現実世界での飾らない表情をのぞいてみましょう!

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
 

GOTの美人女優 | ジリは実は高学歴!そしてミニマリスト?

View this post on Instagram

Totally a blast

A post shared by Hannah Murray (@thehannahmurray) on

→アリア、トメンと

View this post on Instagram

Be the Fun

A post shared by Hannah Murray (@thehannahmurray) on

→サンサと

冥夜の守り人に宿や食事を提供している、野人の一人であるクラスター。彼は自分の娘を妻とし、そしてその娘をまた妻にして、大家族を築いている狂人です。

このドラマは、小さな設定もぬかりなく残酷ですよね…。

そんなクラスターの娘であり、妻であるうちの一人として、ジリがいました。

クラスターは、息子が生まれた場合には、育てることをせずにホワイトウォーカーに捧げていました。ジリにはクラスターとの間に生まれた息子がいましたが、このままでは息子を失ってしまう…

しかし、冥夜の守り人としてクラスターのもとを訪れたサムとの出会いが、ジリの運命を変えます。サムはジリとその息子を救うため、ジリを連れて壁へと戻り、やがて2人はともに、ホワイトウォーカーとの戦いに巻き込まれていきます。

ジリ役:ハンナ・マリー

View this post on Instagram

Sky

A post shared by Hannah Murray (@thehannahmurray) on

ジリを演じたのは、女優のハンナ・マリーです。

ドラマでは幼い表情が印象的ですが、実際の彼女は1989年生まれ、今年30歳になる大人の女性でした。英国ドラマ『Skins(スキンズ)』に出演し一躍有名になった彼女は、そのキャリアを徐々に伸ばしていきます。

日本のホラー映画『リング』を手掛けた中田秀夫監督のイギリス作品となる映画『チャットルーム』や、映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』に出演し、彼女の最新作となる映画『デトロイト』では、白人女性の警官役を演じています。

ハンナ・マリーの出身校は、あの有名なケンブリッジ大学でした。そこで英語学の学位を取得しているそうです。愛らしい見た目だけではなく、秀才でもあったのですね。

彼女は雑誌NYLONにて、自分がミニマリストであることを語っています。ミニマリストとは、持ち物をなるべく減らし、必要最低限のものだけで生活をしている人々のことを指します。

ハンナは、エレガントさとは、余計なものを取り除くことだとし、靴も三足のみしかもっていないそうです。本当に見習いたい姿勢です。

彼女のインスタグラムでは、ドラマでみることのなかったバッチリお化粧をした姿や、サンサやアリアたちとの写真も載せられています。

参考URL:
madamefigaro.jp
kaigaidrama-lovers.com/kaigai-drama
usakun.com

GOTの美人女優 | ミランダ、サディスティックから一転、スペインの女王に

View this post on Instagram

Last night Brits party 💅💅💅

A post shared by Charlotte Hope (@charlottehope8) on

→たびたびトレーニングの様子がアップされている

ミランダは、ラムジー・ボルトンの幼馴染であり、幼い頃から彼の残虐ぶりを目にしていました。

ミランダの父はドレッドフォート城の犬舎長で、娘のミランダも猟犬を手なづけており、度胸もあった彼女はラムジーと対等に接する数少ない人間の1人です。

現在は愛人として、ラムジーと同じように残虐行為を愛し、時として彼に手を貸しながら、人々を痛めつけていきます。

しかしラムジーを愛する気持ちは本物のようで、途中でやってくるサンサに本気で嫉妬しているシーンもありました。信じられません…。サンサはあんなに逃げ出したがっていたのに…。サディストもしっかり人間を愛するのですね。

ミランダ役:シャーロット・ホープ

→2019年からのドラマに出演中

ミランダを演じたのはシャーロット・ホープ。

彼女は現在放送中のドラマ『The Spanish Princess』で主演を務めています。全8話の短いシリーズだそうです。

彼女のインスタグラムでは、綺麗なドレスで着飾った撮影シーンや、優雅な姿をみることができます。てっきりそういった写真から、中世の王宮メロドラマかと思っていたら、スペイン王国に生まれた姫(シャーロット)が、イギリスで権力争いに果敢に挑むということで、ゲーム・オブ・スローンズしかり、強かな女性を演じることが多いようです。

また、ホラー映画として有名な死霊館シリーズのうちの一作である『死霊館のシスター』にも出演し、修道女を演じています。

シャーロット・ホープも、ジリ役のハンナと同じく高学歴で、イギリスの名門であるオックスフォード大学の卒業生です。SNSでは、出演中のドラマに関する投稿が多いようですが、たびたびトレーニングを行なっている様子もアップされており、スタイル維持のために努力している様子が見られます。

私生活では、真面目で笑顔の多い女性のようですね。

参考URL:
dramanavi.net

GOTの美人女優 | 魅惑のシェイ、アダルト映画に出演した経験が!?

→ミッサンデイの誕生日を祝う

View this post on Instagram

Happy weekend everyone! #gameofthrones #hbo

A post shared by Sibel Kekilli (@sibelkekilli) on

→ティリオンとのオフショット

→ジョフリーとのツーショット

シェイは、ティリオンがロブ・スタークと対峙するために野営していた場所で出会った娼婦です。

ティリオンの娼婦好きは言うまでもないので、数多くの愛人の1人なのかと思いきや、王都まで連れ帰られ、彼のそばで過ごすことに。

しかしティリオンの父タイウィンは、娼婦を王都に入れることを断固反対していました。身元がバレることを防ぐために、その後シェイはサンサの侍女となります。しかし、サンサはティリオンの妻とさせられ、ティリオンにとっては地獄の、嫁とシェイの両方を気遣わなければいけない状況となります。

徐々に2人の関係はギクシャクしていき、衝突が増える中で、サーセイにシェイの存在がばれてしまい、苦渋の選択でシェイはティリオンのもとを離れることに。

固い絆で結ばれた2人に思えましたが、最後はシェイの裏切りが発覚し、ティリオン自らの手で殺されてしまいました。

シェイ役:シベル・ケキリ

シェイを演じたのは、女優のシベル・ケキリ。彼女はトルコ系ドイツ人で、女性差別が多いイスラム系の家系で育ったそうです。

そうした差別に対しての反対活動もしているそうで、インスタグラムでもしばしば女性蔑視に関連した事柄を批判しています。

また、ドラマの中では娼婦の役で妖艶な雰囲気を醸し出していましたが、実際にシベルはアダルト映画に出演した経験があるそうです。そうした経験が、今回のドラマでの演技にも反映されているのでしょうか…。

また、インスタグラムでは、ドラマの中で紆余曲折あったティリオンとの打ち解けたショットもあり、緊迫した役柄を忘れさせる仲の良さを見せています。ドラマでも、2人には幸せになって欲しかったですよね…。

参考URL:
gameofthrones-easydrawings.blogspot.com
kaigai-drama-board.com
gameofthrones.blog.fc2.com

GOTの美人女優 | 密かな人気がある毒殺姉妹の1人タイエニーは、日本語が書かれたTシャツでキメ!

View this post on Instagram

Did you like the Sand Snakes? –

A post shared by Game of Thrones Insider (@gotinsider) on

 

→ファンのインスタグラムより。

タイエニー・サンドは、母にエラリア・サンド、父にオベリン・マーテルを持ち、短剣と毒で勇ましく闘う女性です。

母や姉たちとともに、敵に対して怯むことなく挑んでいく姿は本当に頼もしいですよね。お母さんが強いと、娘たちもこんなに逞しく育つんですね。

スパルタ教育を受けながらも愛されてきた様子が垣間見え、メインの権力争いに関わってくる家族たちではないのに、なぜか感情移入してしまいます。

しかし、ユーロン・グレイジョイに母親と共に誘拐され、最期はサーセイから〈毒のキス〉をされ、恐らく死亡…というフェードアウトでした。

あまり多くの登場シーンがあったわけではないですが、シーン毎の彼女のパワフルさや、その内面と比較して外見のチャーミングさのギャップに、ファンも多かったようです。

また、あからさまに他の2人の落とし子よりも登場シーンが多いような気がします。

タイエニー役:ロザベル・ラウレンティ・セラーズ


→本人のツイッターより。犬町?(笑)キメているけれども(笑)

タイエニーを演じたのは、ロザベル・ラウレンティ・セラーズです。名前が長いですね。

彼女はサンタモニカで生まれ、3歳でデビューを飾り、その後ローマに移住してからは映画制作に携わるようになったそうです。

映画『幸せのバランス』では父親を想う娘を、『アンネの追憶』では、主人公アンネ・フランクを演じています。

SNSをみると、ツイッターでは可愛らしい顔と凛とした表情で『犬町』と書かれたTシャツを着て決めポーズをしています。ボーイッシュな服装で、ドラマでの好戦的な印象とはひと味違ったロザベルをみることができます。

現在はSNSの更新が無く、ゲームオブスローンズ以降は出演作も無いようですので、学業に専念している?のかもしれません。

参考URL:
jikkyou.net
drama-kaigai.com

GOTの美人女優 | 天使のミアセラ、本当の恋人はトリスタンではなく…トメン⁉︎血は争えない…

View this post on Instagram

MemS

A post shared by Nell Tiger Free (@nelltigerfree) on

→スタイル抜群!

ミアセラは、表向きはロバート・バラシオンとサーセイの娘ですが、その出生には秘密があります。実は彼女は、ジェイミーとサーセイの間にできた子供で、本当の父親はロバートではないのです。

王位を巡った権力争いに巻き込まれた、可哀想な美しいお姫様です。

サーセイの娘ですから、それはそれは邪悪なのかと思いきや…悪魔の魂は長男ジョフリーのみに引き継がれ、ミアセラは心の優しい聡明な女性に成長していきます。

最期は毒によって死をもたらされてしまいますが、せめてもの救いは、政略結婚であったマーテル家のトリスタン・マーテルとは、本当の愛によって結ばれていたことでしょうか…。

また、死の直前に、本当の父親であるジェイミーと心を交わすことができたのも喜ばしい出来事でした。それだけに、本当に亡くなってしまった展開が悔やまれます。大切な人を失った悲しみを互いに与え続け、途切れることがないのがこのドラマですね。

ミアセラ役:ネル・タイガー・フリー

View this post on Instagram

Little ladies

A post shared by Nell Tiger Free (@nelltigerfree) on

ミアセラを演じたのは、女優のネル・タイガー・フリーです。

しかし彼女が演じたミアセラは大きくなってからのシーンで、幼い時にはまた別の子役の方がミアセラを務められていたようです。シーズン2で前任の方が降板され、選手交代となりました。

スクリーンデビューを飾ったのは映画『ブロークン』で、母サーセイを演じたレナ・ヘディもこちらの作品に出演していたそうです。

本人のインスタグラムではすっかり大人の女性に成長した姿を見ることができ、ドラマでの清純さとはまた違う印象です。

私生活では、弟トメンを演じたディーン=チャールズ・チャップマンとの交際が噂されているようです。ファンの目撃情報や、SNSへの投稿画像が基になっているそうですが果たして…。

ドラマではは姉と弟の役でしたので、なんだかサーセイとジェイミーの関係を思い出してしまいますが、あくまで役柄ですのでね…このドラマでは他にも俳優同士のカップルが成立していますので、お二人の今後に注目ですね!

参考URL:
drama-kaigai.com

『ゲームオブスローンズ』脇を飾る美人女優たち – おわりに

役柄の中では気を張っていたり、逆に弱さのある姿が印象的でしたが、プライベートでは笑顔が素敵な女性たちばかりですね。

彼女たちの他の出演作品もぜひご覧いただいて、今後の活躍も楽しみに見守っていきましょう。ミアセラとトメンの関係など、噂を知った上でまた2人の共演シーンを振り返ってみるのも、楽しいかもしれませんよ。

『ゲームオブスローンズ』の無料動画配信リスト

Amazonプライムビデオ 〇(視聴する⇒)
Hulu 〇(視聴する⇒)
U-NEXT
TSUTAYA TV
Netflix

※情報変更はご容赦ください。

ゲームオブスローンズ シーズン1

created by Rinker
The following two tabs change content below.