おぎやはぎ、『築地銀だこ』の発祥が東京ではなく群馬のスーパーに驚く!

おいしすぎるセブンイレブンの冷凍たこ焼き

2018年8月26日放送のメガネびいきにて。

オープニングは、小木さんがイタリアに行っていた話をしていて、そこでマネージャーの通称サマーが、

「ビデを知らなかった」

という話をしていたのですが、
矢作さんが、突然思い出したように、

「セブンイレブンの冷凍のたこ焼き食べたことある?すごいうまい!」

と言いました。
これは、マネージャーつながりで、このセブンイレブンのおいしすぎる冷凍たこ焼きを、関西出身のサマーに食べさせたらどんな反応をするかと食べさせたところ、

「私は銀だこの方がおいしい」

と言われてしまったとのこと。

ちなみに、セブンイレブンの冷凍たこ焼きは6個入226円とのこと。メールでも来ていましたが、お金のない学生にも助かる値段ですね~。

このあとしばらく、コンビニの冷凍食品やお弁当が美味しくなりすぎているという話が続きました。開発秘話を映画化してほしいとまで・・・笑

 

「築地銀だこ」は「築地」だから東京が発祥?

つづいて、「銀だこ」の話になり、矢作さんが、

「銀だこって、築地ってついてたよね?東京発祥に違いない!」

と。そんな東京発祥のたこ焼きが、関西人にうけるなんてなんかすごいですね~~。
工務店さんも言っていましたが、まさに逆輸入のようです。

マネージャー・サマーさんの出身の兵庫県にも、4件出店しているとのこと。

小木さんも、

「たれを変えたもんね。」

と東京発祥の銀だこが、関西で受け入れられてることが誇らしげでした。

 

『築地銀だこ』の発祥は、群馬のスーパーのいちテナントからだった!

ところが、リスナーのメールで、

「銀だこは、群馬県桐生市が発祥ですよ。当時、行列ができていたのを覚えています」

しかし、そこは小木さん、

「築地って書いてあるんだから、群馬の桐生発祥なわけないでしょう」

と反論。
しかし、さらにメールでwikiの内容が届きます。

「築地銀だこは群馬発祥です。群馬のスーパーのテナントから始まって、中野に出したところからメディアに注目されて有名になったようです」

「スーパーのテナントから」

ということに、

「すげー!!」

と一気に、

「築地っていうネーミングセンスがすごい」

と賛同派になってしまいました笑

今、wikiを確認したところ、確かに群馬のスーパーから発祥していました。下記、引用です。

1997年(平成9年)、佐瀬守男が、群馬県新田郡笠懸町(現:みどり市)の総合スーパー・アピタ笠懸店(2017年2月閉店)のテナントとして「築地銀だこ」を創業。

1998年(平成10年)には、東京都中野区の中野サンモール商店街に路面店をオープン。マスコミにも大々的に取り上げられる程の爆発的ブームとなり、他のショッピングセンターやスーパーからの出店要請が相次ぎ、直営・フランチャイズ形式として日本各地に出店し、急成長を遂げる。

Wikipedia

ほんとのようです!

まさか群馬発祥だったとは!

しかも、スーパーのいちテナントから始まってたとは!!!

たしかに、築地銀だこのたこ焼きは革命的でしたもんね。

そとがカリカリ、中とろっていう、初めて食べたときは、今までに食べたこともないたこ焼きに驚きましたね~。まさに、たこ焼き界のスティーブジョブズですね!

私は銀だこを食べるたびに、引っ越しのあとに食べたことを思い出すのですが、みなさんもそれぞれに「銀だこ」の思い出があるんじゃないでしょうか。それくらい美味しいですよね。

という、おぎやはぎが「銀だこ」の発祥地に驚いた話でした。